食べ物手当て法

眠れぬ晩の玉ねぎ

掲示板でおなじみ、いろいろと役立つ情報を提供してくださる「ちいすけさん」のおうちに伝わる安眠法です。

私は、眠れないという事があまりないので、苦労する事ってないんですが、子どものころ、なかなか眠れない時(病気の時など)、うちの母は、枕元に「玉ねぎ」を置いてくれていました。おばあちゃんに聞いたそうなんですが、子供の頃は「何故、玉ねぎ??」と思っていました。
それで眠ることができたかどうかは、覚えていませんが・・・。鼻が詰まって寝苦しい時は、長ネギを切って置くといいらしいですよ。

*この方法は、世界的に昔から知られている療法みたいですね。玉ねぎの揮発性の成分が、神経を安める働きによるもので、白ねぎの白い部分でも同様の効果があるそうです。