topics+食と健康

砂糖は悪玉?善玉? 

砂糖、特に白砂糖は、カルシウムを破壊するして子どもがキレルとか、肥満のもとだとという説があります。私も、娘がアトピーになっててから、ずっとそう思っていました。

最近、砂糖メーカーや研究者の間では、「砂糖の有害性」について否定する説を発表しています。また国連食糧農業機関(FAO)や世界保健機構(WHO)も「肥満や糖尿病に直接関与するとは考えられない」と1997年に確認しています。糖分は、炭水化物でカラダを動かすエネルギーになり、また脳を安定する神経物質が増え、心が安らぐ働きも認められているようです。

食養生の料理教室では、食べ物を陰性と陽性に分けて、砂糖は陰性でカラダを冷やすので、内臓の働きを低下させ、風邪などもひきやすくなると教えてもらいました。

私自身、どちらとも白黒つけることはないかなと思うんです。ミネラルとかビタミンが多いし、何よりおいしいと思うので、砂糖だけでなく、塩やお米も未精製のものを使っています。でも、デザートを作る時に色とか、味の点を考えてグラニュー糖を使うこともあるしね。ようは、食べ過ぎないこと。なのではないですか。伝統的な食生活から見たら、食べ物が豊かになって、飲み物やお菓子、料理(和食は特に砂糖を使うでしょ)に使う砂糖の量って、だんぜん多いはずですから。単にとり過ぎで肥満や病気なんかを引き起こすんだと思います。