topics+食と健康

アメリカ生まれの「5a day」は日本人に合う?

アメリカの栄養士会では、「5 a day」と言って、穀類を中心に1日に5皿の野菜や果物を食べようという運動を行い、野菜の消費が伸び、生活習慣病に成果をあげています。

でも、ここでこわいのは、フルーツはよいのだと思って、むやみに食べ過ぎること。日本人て、よいと聞くとすぐにとびつく癖があるでしょ。四季のある日本で、冬に南国のフルーツを食べ過ぎると、内臓を冷やして病気になりやすいというのが食養などでの考え方にあります。

情報を部分だけ切り取らずに、全体的に見て判断することも必要ではないかしら。

素食や食養などでは、旬の食べ物を基本に、穀類=5:野菜・海草=3、動物性タンパク質:1〜2という比率を目安にしていています。

くわしくは素食は元気でエコのもとを見てね。