私のお気に入り

黒米(2002.5.1)

家族同然のようにおつきあいしている親友が、黒米を少し分けてくれました。初めていただきます。

よく似たものにワイルドライスがありますが、あれはイネ科のまこもだけの種実です。

こちらは、もち米。日本では、奈良の談山神社の神田で栽培され、そのもみを円筒形に形作り、神饌の一つとしてお供えされるそうです。中国の雲南省やミャンマーなどでも伝統的なごちそうだそうで、フィリピンでは煎ってライスコーヒーとして飲んだりもするそうですよ。

最近の「黒」い食べ物人気で日本でも栽培される場所が増えています。こちらは静岡県産。

玄米に少し混ぜて(玄米2カップに対して黒米大さじ3)炊いてみました。

湯気とともに表れたのは、うす紫色に染まったごはん。なんかほんわかうれしい気分になりました。

もちもちとして玄米のぼそぼそ感が苦手な娘もおいしーと言いましたので、玄米ビギナーさんは、混ぜていただくと食べやすいかもしれません。

同封されていたパンフレットには、黒米の効能として、冷え性・貧血・妊婦さんはおっぱいの出がよくなるとありました。

ちょっとやみつきになりそう。