私のお気に入り

フレックスシード(2001.10.30)

先日、知人からfraxseed=フレックスシードをいただきました。「日本語ではなんと言う名前なのかしら?」と聞かれたのですが、私も初めて見たので分かりません。

インターネットで調べると、亜麻仁と呼ばれる麻の一種(大麻も仲間!)でした。亜麻工場などという言葉を聞いたことありませんか? 日本でもリネンの素材として使われているようです。

もともとはアメリカインディアン、エジプト、ヨーロッパなどで、リネンや食用、薬用に使われていました。ミイラを巻く包帯が亜麻だったらしいです。

今日本でも、繊維の他に塗料や、ドッグフード、ハーブとしてアイピローに使われます。そしてまた健康食品として、特にアトピー・アレルギーや生活習慣病によいということで注目されています。(ぜんぜんしらなかった。)

というのも、この種から搾って脂は、植物性の中では珍しく、血液をさらさらにするEPAやDHAの仲間であるオメガ3系のα-リノレン酸が多く含まれているんですって。

知人は、南米で手にいれたそうで、現地の人は、はちみつに混ぜたり、かぼちゃと混ぜて食べるらしい。あるいは、水につけると粘りがでるのですが、それで頭髪を洗うそうです。コーヒーミルでひいて、サラダやシリアルにかけて食べてもよいらしいですよ。

新しいレシピにもトライしてみますね。水につけて粘りがでたら、土に植えると栽培できるらしいので、やってみようとも思っています。他にも情報を御存じの方は、ぜひ教えてね。