素食は、元気でエコのもと

 

今、伝統食が見直されています。今の時代伝統食をどの時代の頃に設定するのか、またまったくそのままというのは難しいものですから、私は、伝統食という食べ物を大切に生かして食べてきたスタイルをお手本にして今の暮らしに活かし、「シンプルで、素材を生かし、素敵な」という意味で素食を実践しています。ここでは、現代の食生活の問題点や、素食のすばらしさについて御紹介します。

戦後急激に変化した、私たちの食生活

私たちの食事は、高度経済成長期以後、欧米化され、油脂、肉類の摂取量が増加しました。また旬の感覚が薄れ、冬でもきゅうりやトマトが手に入り、流通の発達で、遠くの地方や海外の食べ物も簡単にスーパーで買えます。数量から見ると、本当に豊かで便利です。

豊かさを否定することはないのですが、何ごとにもメリットとデメリットがあるのだと思います。足りない部分を補ったのはよいけれど、過度なものはまた問題も起きてしまうということです。

食べ物は豊かなのに、病気は減らない

食べ物が豊かになって、子どもの身長は伸び、スタイルも欧米人並みに足の長いチョーカッコイイ子が増えてます。でもその中身は? 子どものアレルギーは4人に1人。また若い女性にはダイエットのしすぎからくる体調不良骨が指摘されています。ガンや糖尿病・心臓病などの生活習慣病は大人だけでなく、子どもたちにも増加が見られます。

問題の一つは、食べ方です

では、まだ栄養が足りないの?  いえいえ、私たちの食べ方に問題があるのです。私たち日本人は、高度経済成長期まで、穀類を主食に野菜、魚介類、豆類、海草類をしっかり食べてきました。

それが長い歴史から見て急速に欧米化が定着し、アトピーやアレルギー、生活習慣病が増えてしまったと言われています。もちろん、肉類などのタンパク質、油脂類をとることで、感染症などは減り、平均寿命がのびたというメリットもあったのですが、近年は欧米なみに脂肪や糖類をとりすぎる傾向にあり、肥満から生活習慣病が増えているのです。ですから日本食と欧米食とどちらがいいのか、というようりも、食べ方のバランスが問題の一つなのです。

現在世界的にごはんを主食にいろいろなおかずをバランスよく食べる日本型の食事が注目されています。

特別なことではなく、普通のごはんが大切。

私は、食養生や薬膳、ベジタリアンなど、様々な健康食を取材したり、勉強したりしてみました。長い歴史の中で体系的にまとめられ、思想としてもとてもすばらしく、共感できる健康食もあります。でもまだまだ特別な調理法であったり、食材を使ったり、判断が難しいものもあります。

私は、まず未病という考え方では、幅広い食べ物から栄養のバランスよく食べられる「一汁三菜」のお献立で、旬のものを無駄なく、感謝して大切に食べること。それが、何より健康にも環境など、社会的な問題を考えても、よいのでは?と思います。

また決して、安全に食べられるものであれば、「○○はダメ」「劣っている」というような表現もしたくないし、、我が身の健康のために買い占めたり、買いさけるようなこともしたくない。それが素食のココロでは大切なことです。

モノが豊かな時代には、普通なことは、案外普通にできないものです。

素食って何かは、次のページでご説明します。

    オールアバウト 食と健康