topics+食文化・教育・その他

ソーセージ作り体験

滋賀県「ブルーメの丘」という農業公園で、ソーセージ作りを体験しました。ソーセージ体験では、簡単なプロセスだけなので、ものたりないかなと思いましたが、空気を入れずにつめる作業等、やってみないと分からないことも多く、やつぱり体験は大切だなと思いました。

ミンチ肉、香辛料(塩、白&黒コショウ、ナツメ、マジョラム、ガーリック、ショウガなど)、デンプン、水を加えてよーーく混ぜ合わせ、お肉を腸に詰める容器に入れます。ここで空気をいれないようにします。

水に浸してもどしてあったひつじの腸を容器の口にはめ、少し引っ張って、固結びしておきます。
少しずつお肉をだして詰めていきます。ここで空気が入らないように、あいている方の指で少し口を抑えて抵抗をつけるのがポイント。強く抵抗を与え過ぎると腸が破れるので要注意。
詰め終わったら、また固結びをします。400gで80cmくらいの長さに出来上がりました。
まん中のところで、2本にねじり分けます。次は、2本同時にねじって、4本にします。ねじった後、輪に通しおくと、ねじれがとれません。そして次にまた2本同時にねじって、8本に。

ちょっと長さが違うけれど、これで8本できました。

3等分で6本にすれば長さが整いますね。

これも御愛嬌。

110度のオーブンで蒸し焼きにし、はさみで切り分けます。他にスモークしたり、ボイルしてもよいですね。

以前ハムを塩漬け、スモークしたことがあるのですが、けっこう時間がかかり大変でした。ソーセージの方が腸さえあれば、手軽にできそう。無添加ソーセージが自家製でできると安心だし、家族で作れば楽しいですね。