topics+食と環境

マイ箸もって出かけましょう!

(2003.5.20)

お仕事をただいているある企業さんは、環境をテーマにした事業や活動を行っています。その活動の一つがマイ箸運動です。

私も以前は、割り箸は、森林を育てる上で間引きした木材から作られているものと思っていました。でも最近は、東南アジアなどの木材をわざわざ輸入して安い割り箸を作っているようです。しかもそれがゴミとなります。

今、日本では1年間に約250億膳の割り箸が使われています。一人当たりでは約200膳の割り箸を使っていることになります(林野庁資料より)。

そのうちの約96%は輸入されています。98%は中国からで、その他はインドネシアなどの東南アジア、南米のチリなどから輸入されています。

回収した割り箸を紙パルプの原料にしたり、炭を作るなどのリサイクル運動が行われています。でもリサイクルするには人手やエネルギー、コストがかかるため、割り箸が大量に流通している現状では、ほとんどは使用後にゴミとして捨てられています。


少しでもゴミを減らすために、割り箸使用をやめましょうというのが、この「マイ箸クラブです。私もクラブに入って、外で食事をする時は、マイ箸を持ち歩くようになりました。参加したら、とても素敵な箸袋をいただきましたよ。今度、夫の古くなったネクタイを使って箸袋を作ろうかなーと思っています。