おすすめbook

「ゆげの摘み菜」new(2003.8.1)

以前ご紹介したことがある、摘み菜の主催者平谷けいこさんが、自然の宝庫である弓削町の人々とまとめた本ができました。

弓削町では、人と人、人と徒然、人と文化が共生する町づくりを目指して、ふるさとをよく知り、よく伝えるために、このプロジェクトに取り組んだそうです。

豊かな自然を見直し、摘み菜(食べられる草木・海藻)を調査し、子どもたちに伝えるために、学校や町民を揚げて参加しています。

すごいことですよね、町をあげて町民がかかわりながら、本を作るなんて・・・。人の心が通う、豊かな町でなければできません。

野草の植物図鑑としても充実していますよ。

こんなに食べられるんだと思うと、目からウロコです。

1500円 弓削町/発行